生産体制

品質へのこだわり・ISO9001認証取得

トーア電子グループ「株式会社豊明トーア電子」は、審査登録機関の審査登録機関の『エイエスアール株式会社』より、品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」の認証を2006年12月19日付にて取得しました。お客様の信用と営業力の強化をはかるために、グループ内の意識改革と体質の強化に取り組み、品質の向上と不良率の低減を目指します。生産性向上とコストダウンに全社を挙げて取り組んで参ります。


社名株式会社豊明トーア電子
適用規格品質マネジメントシステム ISO 9001:2008
登録年月日2006年12月19日
登録番号Q0692
審査登録機関エイエスアール株式会社
適用範囲電子部品の実装・組み立てに関する製造

生産効率アップのための「自動プログラミングサービス」

「高品質」の製品をより安く、より早く、かつ安定した生産体制を目指して、生産設備の自動化、省力化を進めています。大量生産・小ロット・短納期など、十分にご満足いただける製品生産活動のサポートをいたします。

自動ROMプログラミング装置

SOP、TSOPのパッケージのFLASH ROM等をトレイに収容した状態で自動的に書き込みが可能です。

自動ラベル貼付機

自動ROMプログラミング装置で書き込み後、自動的にROMにラベルを貼り付けることが可能。ROMのリードに負荷を掛けることなくスピーディーに貼付ができます。


高品質を保つための検査装置

基板の外観検査、実装テスト等により、品質を保ちます。

外観検査装置

CCDカメラで取り込んだ検査する基板の画像を、あらかじめ記憶されている部品のデータとコンピュータが合否判断します。部品の有無、位置のズレ、品種の違い、半田フィレット検査、半田印刷検査などの外観検査を行っています。

ICT(インサーキットテスタ)

実装基板の品質向上をサポートする高速・高精度・高信頼性の実装基板自動検査装置。4端子測定機能によりICリードの足浮きなどの疑似接触検出(最小400μΩ)ができるほか、FET、リレー、3端子レギュレータのアクティブ検査が実施可能です。また専用の検査データ作成ソフト「U-ART」を用いることで、ベアボード検査も可能になります。


PAGETOP
© 2003 - TOA Electronics Group, All Rights Reserved.