環境事業

水と空気をクリーンに保つオゾン環境改善装置

近年、オゾン(O3)はその強力な酸化作用を利用して殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色・有機物の除去など、幅広く活用されるようになりました。また自然界にも存在するオゾンは、自然と酸素に戻るため二次公害を招く恐れもなく環境に優しい点でも注目されています。

当社ではそのオゾンを利用した水や空気の処理装置を提案しています。現状の問題点や用途に合わせた装置の提案から設計、施工、メンテナンスまで自社スタッフがサポートします。

主な取扱装置・設備

※用途に応じて各種装置を組み合わせた各種提案もいたします。


幅広い用途で活躍するオゾン

  • 水処理関連
    放流水の殺菌
    CODの低減
    生分解性の向上
    脱色
    脱臭
    上水浄化
    下水処理水再利用
    し尿処理水浄化
    プール用水浄化
  • ガス処理関連
    脱臭
    殺菌
    排ガスの脱硝
  • 洗浄・殺菌
    ビン洗浄
    配管内面処理
    およびスライム防止
    床洗浄
    製造ライン洗浄
    生鮮食料品の洗浄殺菌
    付着菌の除去
    ヌメリの除去
    カビの抑制

あらゆる産業で活用される窒素ガス発生装置

大気中に含まれる窒素(N2)を濃縮して取り出すことで、安定的に窒素を供給することが可能です。これまでの圧縮ボンベや液体での購入に比べランニングコストを抑えることが可能です。

空気からの窒素分離(PSAの原理)

分子篩炭(Molecular Sieving Carbon)が開発されたことにより、窒素(4.2×3.0A)と酸素(3.8×2.8A)を分子の大きさによる吸着速度の差で分離できるようになりました。吸着初期の短時間(1~2分)で窒素と酸素を分離します。加圧すると分子の小さい酸素が吸着され、減圧すると吸着した酸素が脱着されますので、分子篩炭を充填した二つの槽で吸着・脱着をくり返すことで連続して窒素を分離することが可能となります。

主な取扱装置


窒素ガスは、下記のような市場で活用されています 


このページの情報に関する お問い合わせはTEL:052-842-0718
PAGETOP
© 2003 - TOA Electronics Group, All Rights Reserved.