グリストラップ浄化装置

グリストラップ浄化装置の特長・用途

オゾンの酸化力でグリストラップに溜まった油脂分等を分解して、本来の機能を甦らせます。タイマー設定で営業中にたまったグリストラップの油脂分を営業終了後に分解しますので、翌営業前のグリストラップの清掃時に油脂分の低減に伴う清掃時間の短縮、脱臭・除菌効果が実感できます。

※グリストラップとは?
ラーメン店、寿司屋、焼き肉屋、老健施設厨房、給食センター、社員食堂、スーパーのバックヤードなど、食品を加工する場所には建設省よりグリストラップ(阻集器)の設置が義務付けられています。グリストラップには分離された油脂分が滞留するため、ヌメリ、悪臭、雑菌の繁殖といった問題を抱えており、清掃を怠ると配管が詰まり大事故の元にもなります。

グリストラップ浄化装置の特長

  • 油脂分を分解するので、グリストラップの清掃が楽になります。
  • 油脂分を分解・低分子化することで排水溝の詰まりを防ぎます。
  • タイマー制御で自動運転、煩わしい機械操作は不要です。
  • 気になる匂いもオゾンの力でシャットアウト。
  • オゾンが雑菌の繁殖を防ぎます。
  • 既存施設への設置も可能です。

維持管理について

  • オゾン発生部の電極清掃・フィルター交換(1年に1回)
  • ポンプのダイヤフラムの交換(2年に1回)を推奨。

グリストラップ浄化装置を利用した脱臭設備

店内や厨房、トイレ等にオゾン吹き出し口を設置することで、グリストラップ浄化装置から発生するオゾンをそのまま脱臭にも活用する設備です。

このページの情報に関する お問い合わせはTEL:052-842-0718
PAGETOP
© 2003 - TOA Electronics Group, All Rights Reserved.