オゾンマイクロバブル排水処理設備

オゾンマイクロバブル排水処理設備の特長・用途

従来、生物処理を中心とした排水処理が一般的であるが、微生物層が大きくなったり、微生物の順応に時間が掛かり、排水処理場の立ち上げに時間が掛かるという問題を抱えています。
オゾンマイクロバブルを利用した排水処理設備は、オゾンの酸化力による有機物の分解、オゾンマイクロバブルの処理による有機物成分のSS化によって排水を処理します。SS化された有機物の回収は、排水性状に応じ、沈殿分離・浮上分離・ろ過分離を行います。
また、設備の工場生産が可能で、現地施工の簡略化・立ち上げ期間の短縮を実現、排水処理場のパッケージ化も可能となっています。


参照フロー

参照図面

施工実施例

  • 水産加工会社施工例

  • 食品加工工場施工例


このページの情報に関する お問い合わせはTEL:052-842-0718
PAGETOP
© 2003 - TOA Electronics Group, All Rights Reserved.